読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二歩サガリ。。

同い年より、2才年下、二歩サガリ。 

時間外に考える仕事のことなど、愚痴か自己嫌悪以上のものにはあまりならないという話

 おばんです。

 転職の為に新天地「沼津」へ引越してはや3ヶ月ちょい。沼津は気候は暖かいし、海産物は美味しいし、田舎とは言ってももともと都会志向でもない僕にとってはこれといった不自由は何もない。しかしここ1ヶ月ほど、気分の晴れない日々が続いている。

 その原因の大半は仕事があまりうまくいっていないということだと思う。前職とは異なる新しい分野だし、熟練を要する内容の仕事なので、入ってすぐにうまくいくとは思っていなかった。思ってはいなかったが、ここまで自分がダメだとも思っていなかった。

 僕の生活の大半を占めている仕事がうまくいかないと、それに引きずられて他の事もダメになってしまいがちである。つい先日もメッタメタに怒られて帰ってきてそれをそのまま家庭に持ち帰ってしまった。家族の前でぐったりとしてしまい、ついには妻にため息を注意されてしまった。悪い空気はまわりの人たちにまで伝染してしまう。これはタイヘン気をつけねば。

 現状としては、毎日仕事のことばかり考えて鬱々とした気分になってしまっている。これではいけない。もちろん根本的な原因である仕事を頑張るということは必要だが、プライベートの時間でもそのことばかり考えていてもあまりいいことはない。そもそも時間外に考える仕事のことなど、愚痴か自己嫌悪以上のものにはあまりならない。

 仕事の内容はツラい部分が多いが、幸いなことにその就業時間は9時始まりの18時半終わりとだいぶ楽な方である。もちろん残業するときもあるがそれでも20時には仕事場を出ることができる。なんなら土曜もその多くが休みだったりする。ここで「そんなの全然ブラックじゃねぇ」という突っ込をいただけたかもしれない。そう、決してブラック企業などではない。ただ、僕がうまくできていないだけである。

 そんなわけで、時間はあるのだから、仕事の他になにかやりたいと最近思うようになった。この負の思考スパイラルから抜け出すには、強制的にほかの何かを考えて余計な落ち込みを防ぐことが必要なのではないかしらん。まだなにをするかとかは全然考えていないが、お金を掛けず、家族との時間はできるだけ削らず、自分の糧となること。なかなか難しいが、とりあえず今考えているのは、朝できるだけはやく起きて読書をすることである。引っ越ししてから一冊も本を読んでいない。他人の思考を取り入れるのには読書が何よりも優れている。そういえばこうしてネットの世界に触れることも引っ越す前に比べると圧倒的に少なくなっている。あんなにブログを読み漁っていた自分は一体どこに行ってしまったのだろうか。インプット無きアウトプットは自分がすり減るようで虚しい。もっと自分の中に情報を取り入れたい。

 なぜ朝なのかというと、夜はできるだけ家族との時間を大切にしたい。というか、大切にしないと妻がたいへん拗ねる。本当に子供のように拗ねるので困ったものである。そういえばこのパソコンを立ち上げた時、右上に通知が来ていた。今日で妻と付き合い始めてから3年目に突入したとのことである。その画面を横のソファで寝転ぶ妻に見せると、ニヤリと笑った後「ワタシは知ってたよ」とおっしゃった。真偽の程は定かではないが、その嬉しそうにちょっと照れた顔を見た時「明日も仕事を頑張ろう」と思えたのは確かである。

んでは、まず。

 

 

 

妻がオッサンになりました

妻がオッサンになりました

 

Now Loading...